JD

BON VOYEUR

このミッションを行うためには、レオーネスーツ以外の服装になっておく必要があるので、アジトで着替えてからJDのクラブへ向かおう。

JDは正装で出迎えてくれるはずだ!

ミッションの目的はRedlight Districを走りながら、一定時間内に娼婦から金を回収するというもの。娼婦は青マークで表示されており、

近くにとめることで金を回収することができる。

また、赤マークで表示されている男を倒すことでも金をえることができる。

一定額まで集めてJDのクラブまで戻ればクリアとなる。

DON IN 60 SECONDS

JDのクラブに訪問していたサルバトーレを警察の突然の襲撃から守るのが目的。

イントロムービー終わりに車乗車ボタンを連打。

ギリギリのタイミングでなんとか無傷でいけるはずだ!

車に乗ったら近くにあるペイントショップに向かう。しかし、最短ルートを通ろうとすると、警官がショットガンで攻撃してくるため、多少遠回りになるが迂回してペイントショップまで向かったほうが安全。

その後サルバトーレを邸宅まで連れ戻ればクリアとなる。

これ以降サルバトーレのミッションをうけられるようになる。

ちなみに、JDの頭のスタイルは志村けん氏に酷似していやしないか。どうだろうか?

A Volatile Situation

シンダッコの連中がサルバトーレファミリーが運営しているカジノを地図から消し去ろうとしている!

これは一大事だと現場にかけつけてみると、応援は2人だけ。どうなってしまうのか・・・

シンダッコは3台の車と爆弾搭載のトラックの計4台でカジノを潰そうとたくらんでいるのである。そして、車には爆弾を仕掛ける役目の人間が1人ずつ乗っているのである。そして、最後に出現するトラックは、爆弾搭載トラック。

さらに、後ろのお店はLIVERTY SEXだときている!しかし、心配は無用である。適当な位置で待機しつつ、

爆弾を仕掛ける役がしゃがみこんだのを合図にピンポイントで対応していけばよいのである。

残りのチンピラは放置プレイ。

気がむいたらなんとなく車でストンピングしてみるという感じがベスト。最後のトラックは自分で動かして安全な場所までもっていき、脱出し爆発する。

Blow Up ‘Dolls’

Dolls Houseというシンダッコが経営する売春宿を発破解体し、サルバトーレに気に入られるのが目的。

Dolls House

短期間で作業するためには車爆弾が必要になるので、適当な車で爆弾屋へ向かう。

その後、車にダメージを与えすぎてしまうと爆破してしまうので、慎重に目的地まで運んでいこう。

現場にはシンダッコの車でいくと警戒されないが、これ以外の車でも大丈夫。

シンダッコの車

結局、最後はどの車であろうとこうなっているのが常なのである。

爆弾を仕掛けたら、離れて爆破解体してしまおう。

なお、シンダッコの車はチャイナタウン周辺でよく走っている。

Salvatore’s Salvation

こんにちは。本日、正午ごろ、何者かによる暗黒街の帝王と噂されるサルバトーレ・レオーネ氏の誘拐事件がおきました。

目撃情報によるとサルバトーレ氏はこの路地裏につれこまれ、その後姿を消してしまったということです。なお、事件の早期解決のための情報提供をお願いします。

こんばんは。夜のリバティーニュースです。本日発生したサルバトーレ氏の誘拐事件は解決したもようです。

容疑者はまだ特定されておりませんが、シンダッコのチンピラによる犯行である可能性が強いと見られています。目撃者はこう証言しています。

「オレは見たんだ!路地からシンダッコの連中が出てくるところを。そしたら、黒い車が猛スピードで北に向かって走っていく不自然な光景も見たんだ!あの黒い車も事件に関与してるんじゃないか?」

「ワシが車処理場の近くを偶然通りかかった時じゃった。なにやら、処理場の中で消防車にのった挙動不審な男をみたんじゃよ。

そして少したってから、青の小型車が入ってきたと思ったら、突然、消防車が青の車にぶつかったんじゃよ~

ワシはもう怖くなって・・・漏らしてしもうたよ。ぶつかられた青の車からは男が3人でてきたんじゃ。そしたら、消防車ときたら・・・ああ~神よ~。もうワシは目を覆いたくるなるような凄惨な光景じゃよ。

消防車に乗った男。どんな事情があったにせよ、あれは人間の仕業とは到底思えん。ワシは・・・これからどうやって生きていったらよいのじゃよ?え~」

The Guns of Leone

誘拐の屈辱にぶち切れたドン。「サル・・・シンダコ・・ナカヨシ」と訳の分からぬことをいいながら、路上で年末恒例の男祭りを開始。

組織のドンであるサルバトーレにもしものことがあってはたまらないと、精鋭2人が暴走したサルを援護する。屋上にはトニー・シプリアーニ。

JDが用意したスナイパーライフルには目もくれず、

彼が使用する武器は600ドルで買えるMicro SMG。

サルにはなにもさせずにトニー大活躍!

サルバトーレに歯止めがかからず先へ先へと行くもんだから、トニーは仕方なく路上へ。

サルバトーレを囮にして自らの安全を確保しつつ、シンダッコのチンピラにロックオンの雨あられ。

警官は、男祭りが開催していることも知らずにここにおとずれてしまたが最後。逆公務執行妨害の憂き目にあう。

※攻撃しながらゲーム画像を撮影するということが不可能なので、画像と文章の表現に若干のズレがあることをお許しください。

Calm Before the Storm

前回の男祭りでシンダッコ側から白タオルが投げられ、街に平穏が戻ったのもつかのま、シシリア島からファミリーの平和を乱さんとする男。その名もMassimoがリヴァティーシティに降り立ったのだった。

サルバトーレは密かにMassimoをトニーに尾行させる。

Massimoのヘリの後をつけていくと、

ディアブロ、トライアドとつながりをもっていることが明らかに。

ディアブロ
トライアド

しかし、トニーは発見され、トライアドと銃撃戦になるのだった・・

ジャンプを繰り返し屋根に逃げるトニー。トライアドとの激しい銃撃戦を繰り広げ、

下にいるトライアドも前回入手しておいたスナイパーライフルで倒したのだった・・

■ヘリの入手方法 

路線の上を通り、

トライアドとの密会場所である建物の屋根に飛び乗る。そこから屋根のつたい場所まできて屋上に上がる。

The Made Man

レオーネファミリーから正式に幹部候補として組織に入ることを許されたJD。

レオーネファミリーの一員となることは彼の願いだった。彼のうれしさは頂点に達していた。彼にママがいるのかどうか分からないが、もしいたとしたらならば、「母さん!やったぞ、俺はついにレオーネファミリーの一員になったんだよ!」と電話をしていたことだろう。そして、母親も息子の出世に喜んだことだろう。マフィアの幹部になるということはそういうことなのである。

儀式にむかう途中にシンダッコがそれを阻止しようとするが、

儀式の場所である車処理場で相手にしてやるのがよいだろう。

シンダッコは車から降りて近づいてくるはずだ。

車から降りてこないシンダッコにはじきじきに鉄槌をくらわしてやる。

JDが ミッキーによって始末された後、ミッキーを家まで送り届ける。

爆弾屋に向かい近くのトンネルを通って向かうと安全だろう。

それが終わると車を海に捨てる指令がでる。海ならばどこでもよい。私の場合はこのストートン島にかかる橋から車を海へと投げ捨てた。

車から飛び降りるときは少し余裕をもって飛び降りるのがよいだろう。なお、手配度が2に上がっているが気にする必要もない。

JDがなぜ殺されなければならなかったのか?ここでは詳しくは述べないが、簡単にいってしまうと「邪魔者は必ず消される」という暗黙の了解がマフィアの世界にはあるということだ。もっとつっこんだことを知りたい人は「グッドフェローズ」を見ていただくのが一番よいだろう。この作品ではマフィアとはなんぞやということを理解できる。さらに、今回のミッションの内容とは状況が違うものの、同じようなことがこれでもかといわんばかりに行われている「スカーフェイス」も同様にGTAに大きな影響を与えている作品なので、ぜひ!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です