▼サイトのトップページへ▼
MTAジャパン >> MTAのはじめかた >> ダウンロード >> インストール >> セッティング
このページへのリンクはフリーです。
 Grand Theft Auto ( Vice City ) のオンライン対戦版であるMulti Theft Auto ( MTA ) の導入方法を説明します。
■ セッティング
インストールが完了したら、ゲーム(MTA)を始めてみましょう。途中でエラーが発生した場合は、エラーの解決方法をご覧ください。それでも解決されない場合は、MTA掲示板などでお尋ねください。
■ MTA用ソフトの起動と設定→MTAの開始!
デフォルトで「 C:\Program Files\MTA 」のフォルダ内にあるMTA用ソフトの実行ファイル「MTAClient.exe」をダブルクリックしてソフトを起動します。
初回のみ、このようなウインドウが立ち上がります。「OK」をクリックしてウインドウを閉じましょう。
ソフトを起動するとこのようなウインドウが立ち上がります。
Options」タブをクリックし、「Nickname」の欄に自分がゲーム内で使いたいニックネームを入力します。好きな名前を決めましょう。
サーバー情報を入力しましょう。サーバーに接続するには、IPアドレスと呼ばれる番号と、Protと呼ばれる番号を入力する必要があります。1つのサーバーに1つずつ割り当てられている番号で、簡単に言うと、サーバーの住所の役割を果たします。ソフトに住所となる番号を入力すると、ソフトがその住所にあるサーバーを探して接続してくれます。取り敢えず、ソフトの使い方の練習ですので、適当なサーバーをサーバーリストより選んで、サーバーの住所(IP、Prot)を入力しましょう。

Connect」タブをクリックし、
IP」の欄にサーバーのIPアドレスを入力してください。 (例)66.117.38.205
Port」の欄にサーバーのPort番号を入力してください。(例)2003

すべてのサーバー情報を入力し終わったら、「
Connect」ボタンをクリックするとサーバーへ接続されます。

※「
Connect」エラーが出た場合でも接続を繰り返すことで、接続できる場合があります。これはMTA用ソフトのバグであると思われますので、気にしないでください。

※「
Pass」はパスワードのことで、ほとんどの場合入力する必要はありません。サーバーの管理者が、特定の人だけに接続を許可している場合に入力する必要があります。
接続すると、ウインドウに左の画像に示すような情報が表示されます。

チャットだけであれば、このウインドウのメッセージ入力欄にメッセージを入力後、「
Send」を押すか「Enter」キーを押すことでメッセージを送信することができます。
「Start Game」ボタンをクリックするとMTAを始めることができます。
初回のみ、GTA Vice Cityの実行ファイルである「gta-vc.exe」ファイルの位置を聞いてきますので、指定してください。

gta-vc.exeは初期設定で「C:\Program Files\Rockstar Games\Grand Theft Auto Vice City」フォルダ内にあります。
ゲームがスタートし、メニュー画面が表示されたら、「Start Game」を選択してください。
次に、「Start Multi Theft Auto」を選択してください。
読み込みを始めます・・・。
次に、MTA内で使用するキャラクターをキーボードの左右のボタンで選択し、「Enter」キーで決定します。
お疲れ様でした。MTAの導入は成功です!思う存分、MTAを楽しみましょう(^▽^)

もっといろいろなサーバーを探したい! (The All Seeing Eyeの導入と使い方)
Copyright (C) CYBER-NINJA.net All Rights Reserved.